2011年03月05日

「日本の将来」を見据えた経営革新について

昨今、テレビのビジネスニュースを見ていてとても気になることがあります。


よく、会社の経営を改善した事例などを見るのですが、その多くは

「業務を見直して、従業員の●%を削減」といったものばかりが目に付く気がします。


企業経営において確かに人件費というものはコストにおける ABC分析をすればグラフの柱は最も左側にやってくる項目なのだと思います。

つまり、企業にとっては「人を減らすこと」が最も会社の経営を立て直す一番の近道となります。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

私は、大手電機メーカーにおいて人員計画の業務も担当し、企業における経営の3大要素、「ヒト・モノ・カネ」のうち、もっとも大切な「ヒト」における施策を担当してまいりました。

私の所属していた会社は、技術や経営に派手さはありませんでしたが、とても地道に社員を大切にする会社であったことを覚えています。

例えば、山口県にある鉄道車両を製造している工場では、製造の受注減少にともない、それまでまったく関連の無いドライフラワーを製造したり、椎マツタケ(マツタケのような椎茸)を栽培したりしており、また、造船を営んでいた工場では大手飲料メーカーのA社と提携して「杜仲茶」を製造販売しました。 とにかく、従業員の仕事を確保することに専念したのです。


今、この日本の不況を作り上げてきたのは、おそらくそれぞれの企業の経営革新などによる一般雇用者へのしわ寄せではないかと思うのです。

企業にとって都合の良い非正規労働者の割合が社会全体に占める割合は年々増加し、1990年ベースでは50%に満たなかったものが2010年には70%を超える割合を示しています。

これに伴い、労働市場は完全に「買い手市場」の傾向を見せ、1990当時は 2.0倍を超えていた有効求人倍率も昨今では 1.0倍を超えることは稀になってしまいました。

製造業において、安い人件費を求めて中国、アジア諸国への海外現地法人での製造工程のシフト。また、これに伴う加工技術の海外への流動などなど。

一企業において経営を効率化させるとする施策の多くは日本の社会全体にとって、不利益となることばかりなのです。

また、製造業に関わらず、流通においてもこの傾向は見られます。


従来の農産物は生産農家から卸売市場を通して小売店への流通を行っていたのですが、昨今、勢いを伸ばす、「道の駅」や「インターネット通販」などの直売は企業や消費者にとっては魅力ですが、中間業者にとっては非常に痛手を伴います。

この結果、中間業者は生産農家から、直売よりもさらに安い額でしか取引できなくなるのです。

ちょるちょるドットコムでは、世の中の市場動向や経営のトレンドをウォッチしながら、今、本当に「社会全体」に有益な経営施策を考えなければいけない時期に来ていると考えています。

政府の景気対策においても、単に企業に対する法人税の減税などを行っただけでは、雇用者への還元が図られるとは思えません。 現実に2000年代中盤の小泉政権時代、日本には景気が回復した時期がありましたが、これはすべて使用者側の企業が吸収してしまい、雇用者の生活が潤うには至りませんでした。


これからの企業経営活動においては、やはり各社ともこれまでにない魅力的なサービスや商品を生み出し、安易に従業員を減らさない努力が必要であると考えています。


ちょるちょるドットコムはコンサルティング施策において、「人減らし」による経営効率化は提案致しません。

企業様の「強み」をさらに追求した上でイノベーションを進化させ、より魅力的な新しい商品・サービスの企画などを提案して参ります。
posted by Toshiya at 06:46| Comment(0) | 日記

2011年02月14日

バレンタインデーと恵方巻き

バレンタインデーが来るたびに、このチョコレートを交換する習慣ってのは、日本の製菓会社広めたものなんだということをつくづく思います。

また、70〜80年代の少女マンガも、このバレンタインデーの習慣の牽引役になっていたのではないでしょうか?

バレンタインデーの習慣が定着するにつれ、「ホワイトデー」の習慣も広がりましたね。


この二月と言う時期は、バレンタインデー以外にも「節分」というイベントがあり、ここでまた同じような現象が見られます。

 それは節分に「恵方巻きを食べる」という習慣で、これはバレンタインデーとよく似た広がり方をしています。

恵方巻の販売は大手コンビニエンスストアチェーンの「ファミリーマート」が関西方面で80年代から非常に力を入れており、東京では2001年あたりから大々的に売り出しを開始しています。

 この2001年当時、新宿の事業所に勤務していた私はファミリーマートが店の前にテーブルを出し、そこで山済みにした巻き寿司を売っている様子を見て、度肝を抜かれたどころか苦笑しながら

「あんなに沢山の巻き寿司、買う人なんているもんか...。」

などと思ったものですが、帰宅をしたらその日の晩御飯はファミリーマートの「恵方巻き」でした...。

皿の上に、ゴロリと一本置かれた恵方巻きを見ながら妻に、

「何で切っていないの?」

と、聞くと、

「恵方巻きは切っちゃいけないのよ。丸かぶりなの。」

と、言われ、

「おかずは?」

と、聞いたところ、

「恵方巻きを食べる時はおかずを食べちゃいけないのよ。」

と、言われて何となくダマされたような気持ちを抑えながら、二人で正座しながら南南東を向いて食べたことを覚えています。

 あれから10年を過ぎ、現在ではファミリーマート以外のコンビニでも、スーパー、百貨店でも恵方巻きは売られるようになり、節分に恵方巻きを食べると言うのは明らかにわが国の「文化」として定着して来たように思えます。

 この恵方巻きの習慣、ひょっとして全国的定着を後押ししたのは、主婦の楽チンさと家族で過ごす楽しさなのかも知れません。

 そして、いつでも流行を生み出し、定着させているのは「女性のパワー」なのでしょう。
posted by Toshiya at 11:52| Comment(0) | 日記

2011年02月13日

社員のモチベーションの醸成方法とは?

私が昔、会社の総務で若手社員教育を担当していたころ、当時の上司である総務部長とのふとした会話の中で心に残る一言がありました。

「『やる気』は引き出すものじゃない、植えつけるものだ!」


私自身、日々、若手社員に対する教育カリキュラムを進めるのですが、これが業務の終わった定時に社員を集めての任意形式の教育だったので、彼等は残業を理由にとにかく欠席が多かった実態がありました。

酷いときには、講師が講義室に出向いたものの、生徒である若手社員が一人しか来ずにマンツーマン講座になっていたり。

私自身、この状況には非常に頭を痛めました。


部長に教育の進捗を聞かれて、

「若手社員がなかなか『やる気』を出してくれなくって、どうしたらいいのかと...」

と、言った覚えがあります。

これに対して部長は、

「『やる気』は出させるモンやない、植えつけるモンや。」

とても短いアドバイスでしたが、これが後に私の仕事を大きく変えるキッカケとなりました。


社内における教育講座というものは、ただ単に「実施すれば良い」という性質のものではありません。

確実に社員の成長を実現しなければならないのです。


自分自身、教育企画の担当者として、この「やる気を植えつける」と言うことについて、徹底的に考えました。

まず、会社というものは「組織」です。 社員一人ひとりの向上意識が低い責任はその上司にあると行って間違いありません。

私はそれまで、残業を理由に教育講座を休む社員達に対して、当事者にだけ注意をして来ましたが、それ以降は上司に対して自分の足を使って直談判に伺う日々を続けました。

また、彼らの成績の向上を心から信じ、チャンスを与え続けることに重きを置いた教育カリキュラムとなるよう、企画書を書き換えました。

それ以来、社員に簡単に挫折をさせない風土作りに徹したことにより、当事業所での若手教育は成功し、私の所属していた事業所からは続々と優秀な人材が生まれるに至りました。


社員教育において必要なことは、

・社員の育成責任は上司にあり、教育担当部署ではないことを職場に認識させる。
・これから育成すべき人材の可能性を信じ、決して簡単に挫折させないこと。
・教育企画担当者は誰よりも「やる気」をもって仕事に望むこと。

以上が私が教育企画担当者時代に見出した、社員のモチベーションを向上させる秘訣です。


社員の能力を見切って低い評価を下すことはとても簡単な事です。しかし、逆に社員の可能性を信じ、育てることは大変な「情熱」が必要なのです。

経営者の皆さんは、ご自信の従業員の可能性を信じ、育てようという意識が何よりも大切です。

最初から「出来上がった」優秀な人材ばかりを求める企業は、おそらく会社自体が世の中に評価されることは難しいでしょう。
posted by Toshiya at 12:57| Comment(0) | 日記